カテゴリ:プレママ( 18 )
和尚さんに習う精進料理
また暫く前の話になりますが、先日、助産院のつながりで料理教室に
行って来ました。同じ助産院で2年前に出産した姉と、そこで生まれた
姪と一緒の参加です。(姉妹だけど似てないねーと言われました)

助産院で食事担当をされているHさんの料理教室なのですが、
時々、和尚さんが一緒に講師をされる回があり、その日がそうでした。

陰性の冷えをとる食事、とのことで、身体を温める根菜類を
たくさん使いながら、動物性たんぱく質の入らない精進料理を
みんなで作っていきます。妊婦は私だけで、あとはみんな乳幼児を
連れての参加だったので、子守しつつ、できるところだけ、野菜を
切ったり、こどもに粉をこねさせたり・・とても自由なお料理教室です。
あと、子育ての情報交換や、相談をしあう場という感じですね。
和尚さんもお子さんがいらっしゃるので、子育てや夫婦についての
アドバイスもしてくださいます。

地粉から手作りしたほうとうや、炒り玄米を使った蒸し大根、
高野豆腐を揚げて煮付けたものなどなど(もう記憶が曖昧です・・)、
美味しくてボリュームのある精進料理が並びました。
d0245218_17153920.jpg


びっくりしたのは、和尚さん曰く、玄米は毎食食べるものではない、
胃腸に負担がかかり過ぎるし、身体が陽性に傾き過ぎて、怒りっぽくなる。
玄米を食べ続けている夫婦はぶつかり合うことが多いと言われたことです。

夫婦の幸不幸はさておき、確かに、一口100回噛むならまだしも、
それができない現代人には玄米はtoo muchなのかも・・

それ以来、お米は7分づき+雑穀たっぷりに変えてみました(^^;)
餅あわは妊婦や授乳ママにとても良いそうなので、雑穀ミックスに更に
あわを足してつかってます。味も食感もとても良くておいしいです☆
[PR]
by chi_aiko | 2011-12-14 17:26 | プレママ
37週@日本
ブログを書く時間がないうちに、もう37週になりました。
ここから41週終わりまでの間に出産があれば正期産、つまり、
今日でも、明日でも、いつ産まれてもいいんです(!!)
最近は腰がずーんと痛くなったり、夜中にちょこちょこ目が覚めたり、
まさに臨月を迎えた実感があります。

ただ、私の場合は赤ちゃんが小さめかもと言われていたので、
今週の検診は、エコーのある病院に行ってきました。
前回診てもらったときは33週で、1950gに達していなかったのですが、
4週間経った今回は約2750gの推定体重と出ました(^^)
800gも大きくなってる~ これでひと安心です☆
もう最近は自主的に安静を解いて散歩したり、ストレッチしたりして
いましたが、これからはもっと思い切ってできます。

しかも、身体を動かすようにしたせいか、今日は尿糖もマイナスでした☆
嬉しくて、帰りに立ち寄ったデパートで、甘いものを買おうかなんて
誘惑にかられましたが、さすがにぐっと堪え、家に帰ってから雑穀米・
白菜の味噌汁、煮魚、大根こんにゃく煮、漬物という純和食の昼食を頂きました・・・。
食事制限も慣れたところなので、このまま産後も今の食生活を維持したいと
思ってます。糖分・油分控えめで、母乳にも良い食事だと思っているので。
協力してくれる母が有難い存在です☆

不思議なことに、生まれてくる赤ちゃんの顔がどんな顔か、最近まで
全く考えたことがなかったのですが、つい数日前から気になってます。
夫に似ているのか、私に似ているのか・・ たぶん超音波は今回が
最後ですが、今日見た画像でも、表情はよくわかりませんでした(^^;)
赤ちゃんとの初対面の日が楽しみです。

***
定期検診(貧血検査含む) 1700円(補助券利用)
[PR]
by chi_aiko | 2011-12-14 16:59 | プレママ
35週@日本
9ヶ月目もそろそろおしまいです。本日、35週と4日。
出産予定日は1月1日なので、ちょうど一月後に迫っています。
今日はこの冬一番の冷え込みのようです。10℃を切ってさむ~い(><)

最近気をつけていることは、やっぱり食生活・・
お灸の先生に、糖が出る人は玄米菜食というよりはご飯を
減らして、根菜・たんぱく質を増やしたほうがいいとアドバイスを
もらいました。

そんなわけで、ごはん(玄米)には黒豆、雑穀を多めに混ぜ込み
軽めに一膳。お腹が満たされない時は根菜の煮物を食べたり
少しチーズをかじったり。朝食は、まっくろのドイツライ麦パンです。

月曜日の鍼灸治療では足の冷えが少し改善しているとのこと。
出産後の授乳生活を見越して、上半身も丁寧に見てくれました。
肩こりが慢性化しているので気をつけなくちゃ。

火曜日には定期検診がありました。
食事に気をつけて、果物も食べなかったおかげか、糖は1+で、ほっ。
でもゼロにはならないですね。仕方ない・・

今回は助産院のオーナー(?)の先生が診てくれました。
同じ産院で産んだ姉も安産だったので、あなたもきっと安産よ、と
励ましてもらえました。先生の計測では、子宮底長がぐーんと
伸びていました。測る人によって、だいぶ変わるのでしょうね。
体重は妊娠前+4.7kg。腹囲は相変わらず小さめですが、
立ち上がった姿勢ではお腹が大きくなっているので問題なし☆
経過も順調だそうで、母乳マッサージも始めるように言われました。

これから毎週の検診です。母親学級や両親学級もまだあと3回
あるので、12月は何度も助産院へ通うことになりそうです。
出産の日が近づいているのを感じます(*^ー^*)


***
鍼灸院  6000円
定期検診 300円(補助券利用)
[PR]
by chi_aiko | 2011-12-01 13:52 | プレママ
転院!?しないですみました・・・33週@日本
今週は妊娠33週目。9ヶ月の半ばです。

月曜は助産院の手芸教室へ。おんぶ紐&だっこ紐の作り方を
教わりました。今、家で作っている途中です(久しぶりのミシン・・楽しい♪)

昨日(火曜)は助産院にて定期検診。
ところが、尿検査を終えて、かなり糖が出てる~と内心焦りながら
診察室に入ると、始めてお会いする助産師さんがお二人、
大学病院への紹介状を用意しながら、待っていてくれました。

私の子宮底長、腹囲、体重が9月からほとんど増えないことを
心配され、赤ちゃんが発育していない可能性があるから、大きい
病院に行った方がいいとのことでした。

助産院にはもちろんNICUなんてないですし、すごく小さく生まれて
しまったような場合、生命の危険をともないますからね・・

私のように、糖が出やすい場合、赤ちゃんが巨大児になる可能性も
ありますが、逆に上手く成長できずに小さくなったり早産してしまう
こともあるそうです。知り合いに、生後すぐに赤ちゃんを亡くしてしまった
人がいるのですが、その方も、糖+低体重+心臓に先天性異常が
あったそうで・・

最近おベベは力強くあばらを蹴ってきますし、たぶん大丈夫だろう
と思いつつも、昨晩は色々思い悩んでしまいました(^^;)
保育器に入ることになったら、やっぱり母乳は出にくいのかな、とか、
ただでさえ年末年始の出産予定日、どこの病院もスタッフが手薄に
なるだろうから、やっぱり予め大きい病院で産むことにした方が
安心なのかな、とか・・・。

そして、今朝(水曜日)、助産院提携の病院(クリニック)に行って
きました。大学病院ではなく、まずはこちらへとのことで。

結果☆
心配はほぼ杞憂に終わりました(^^)
頭の大きさ、胴回り、脚の長さから赤ちゃんの推定体重を
出してもらったら、1943gとのこと。平均よりすこ~し小さめ
という程度だそうです。
(今日は33w3dですが、32w5d相当とのこと)
頭の下がりも改善されていて、このまま安静にしていれば
問題なく助産院で出産できるだろうとのこと。

今日はそのクリニックの院長先生が診察してくださったのですが、
今後何か問題があれば、こっちで診るから、と言ってくださり、
ほっとしました。大学病院へ行く必要はなくなり、引き続き
助産院出産を目指しつつ、万一の時はクリニックのお世話に
なれそうです。

また、今日も糖がかなり出ていましたが、赤ちゃんの大きさは
標準的だからあまり気にしなくても大丈夫だそうです。
これも安心しました。食事は引き続き気をつけますけどね。

夫の帰国のタイミングもあるので、やっぱり予定日ちょっと前
まで、お腹の中で大きくなってもらって、クリスマス過ぎくらいに
会えないかな~♪
昨日の心配が吹き飛んだら、望みが大きくなってしまいます。
だめですね(^^;)いつでもいいから、元気に生まれますように☆


***
助産院検診 300円(補助券利用)
クリニック診察(超音波、NST) 1800円
[PR]
by chi_aiko | 2011-11-16 16:20 | プレママ
手作りベビー服
9ヶ月目を迎えた今・・・
ベビー用品をそろえたり、お部屋を片付けたり、やることは色々
あるのですが、時間もたっぷりあります。

そこで、地味にいくつかチクチクしています☆

布オムツを縫ったり、ダブルガーゼのおくるみを縫ったり・・
夏には助産師さんに勧められて腹帯も縫いました。
(巻きやすいように、さらしを斜めに縫って伸縮性を出しています)

写真にとるほどのものもないのですが、先週完成したベビー服は
かわいく出来ましたので記念にパチリ(^^)
d0245218_17204590.jpg


助産院の関係で、手芸教室があり、参加してつくったものです(手縫いです)
布もお任せで用意してくださってあったのですが、男の子ベビー、
女の子ベビーどちらにも使えそうなかわいい柄ですよね。

今は熊さんが着てますが、ベベちゃんが着る日が楽しみです♪
と言っても、このかたち・・お風呂上がりか、パジャマかな?
[PR]
by chi_aiko | 2011-11-11 17:24 | プレママ
31週@日本
今週は、31週(8ヶ月終わり)の検診に行きました。

11月1日
いつも検診でお腹を出すと、お腹がピシっと張っています・・
少し落ち着くのを待って、腹囲や子宮底長を測って下さいました。

数値はここのところ、横ばいです。ちゃんと大きくなっているのかなぁ
体重も、2週間前と変わらず。1ヶ月前から0.5kg増くらいでしょうか。
(妊娠前+3kg)

お腹が張っていると、赤ちゃんものびのびできず、成長しにくいのかも
と言われました。ベベちゃん、狭い思いをさせていたらごめんね~
 
それから、22時~午前2時の間は寝るように心がけてください、とも。
成長ホルモンが出る時間だからだそうです。
夫と時差のある生活をしているので難しいですと、つい言ってしまい
ましたが、この日以降、少しずつ寝る時間を早めるようにがんばって
います。せめて12時前に寝た方が良いんでしょうね。
どうせ夫は忙しくて、なかなかスカイプもできないですし(;_;)

また、寝る前にポカリスエットを飲むと赤ちゃんが成長するという噂も
助産師さんに教えてもらいましたが、私は糖分はNGなので、
この方法は無理そうです。
(ハイ、この日も尿検査はやはり糖がプラスでした、とほほ・・)

9ヶ月の終わり頃には、また提携の病院に行って、推定体重を
出してもらうことになりました。


11月2日には、針治療に行きました。
人生で2度目です。夫婦で経営されている鍼灸院ですが、今回は
旦那さまの方が担当してくださいました。針って、マッサージとかと
ちがって、刺すのはあっという間なので、これでこの診察料なんだ・・
なんて一瞬思ってしまったのですが、効果はてきめん!?
夜には、赤ちゃんの蹴る位置が一気に上の方に持ち上がりました。
子宮が持ち上がったというか、広くなったということですよね(^^)

お昼前に終わったので、帰りに久しぶりに(1年半ぶりくらい?もっとかな?)
一番好きなラーメン屋さん、一蘭でおひとりさまラーメンを頂きました☆
ラーメン自体、1年以上ぶりだったので、ちょっと感動のおいしさでした~
赤ちゃんにも栄養(カロリー?)がいったかな?

明日から、32週目、9ヶ月に入ります☆


***
助産院(定期検診) 300円
針治療        6000円
[PR]
by chi_aiko | 2011-11-05 22:50 | プレママ
29週@日本
今週は29週目にあたります。

火曜日に助産院で2週間ぶりの定期検診、今日は助産院主催の
お灸教室に行ってきました。
検診では、赤ちゃんの心音を聞いたり、触診で逆子でないか確認して
もらったりしました。助産院なので、エコーはありません(^^;)
2週間前(27w2d)に受けた病院検診の段階では推定体重が1089g
だったと助産士さんにお伝えしたところ、平均の範囲内で、少し小さめ
とのことでした。腹囲、子宮底長も伸び悩んで(?)います。
自分では、だいぶお腹が大きくなっているように感じるんですけどね。

引き続き尿に糖が出ているし、食べ物には気をつけていますが
(糖が出ていると巨大児になる可能性が高くなるので)、
もう少し食べた方がいいのかな・・?体重は、今、妊娠前+3kgです。

あと貧血検査も要注意の値だったので、昨日さっそくレバーを食べました。


***

お灸教室では、引き続き三陰交と、あと足裏のつぼを教えてもらいました。
鍼灸師さんに舌を見て頂いたところ、少し疲れているみたいです。
気力だけでがんばっている時、舌の輪郭がぼやけるとか。

ハノイで赤ちゃんが下がっていると言われてから、お灸を打つのが怖くて
暫くお休みしていましたが、お腹が張っている時こそ、お灸は効果的と
聞いたので、これから、また毎日続けたいと思います。
これから冷えも気になる時期ですし、今日うっただけでも、赤ちゃんの
位置が真ん中に整いました。(いつもお腹の右側ばかりにいるのですが)

もっと積極的な鍼灸治療も勧められたので、来週あたり、お灸教室の
先生の治療院の方にも行ってみるつもりです。
背中の凝りをほぐすとお腹が楽になるだろうと言われました。

お灸教室の後は、希望者のみ助産院で昼食を頂けます。
産後に入院している方と同じメニューだそうですが、これがとっても
美味しいのです☆
d0245218_2213676.jpg

(まだご飯とお味噌汁、デザートが運ばれてきていませんが)
メニューは、小豆入り玄米、さつまいもの味噌汁、
蒸し大根の手作り味噌・青菜添え、かぼちゃとピーマンの煮物、
きのこ2種類の炊き合わせ、長いもと三つ葉の酢の物、
じゃことかぶの炒め煮、あとは糠漬けとデザートのいちじくです。

お手本のような玄米健康食ですよね。美味しく頂きました♪
一緒にお昼を頂いた2人目、3人目ママさんによると、入院中、
朝・昼・晩とおいしい食事が頂けて幸せだよーとのこと。
確かに。誰かに作ってもらえるだけでも嬉しいですものね。

やっぱりここで出産できるように、がんばります!

***
助産院検診  300円(自治体の補助券利用)
お灸教室   1000円
助産院ランチ 1000円 
[PR]
by chi_aiko | 2011-10-20 22:14 | プレママ
27週@日本
(バックデートで投稿させていただきます)

10月3日に日本に帰国して、翌朝早速、助産院に検診に行きました。
自分がどれだけ気をつけなければいけない身なのか、わからないので、
母に車で連れて行ってもらいました。電車でも3駅なんですけど。

ハノイのクリニックで子宮頸管が短くなっていると指摘されたのですが
(超音波ではなく、内診で)、助産院では、頸管長など計れません。
お腹の上から触診して、まぁ大丈夫そうですけど・・という感じでした。
ハノイのお医者さんが心配していた糖についても、特にコメント無しで、
緊迫感の違いに、私としてはちょっと戸惑ってしまいました。

貧血検査や、まだ受けていない抗体検査などがあったので、
それも含めて、提携の病院に行くようにとのこと。

幸い、当日午後の予約がとれたので、また車で病院まで行きました。

助産院は、できない検査もありますし、分娩時も、自然なお産が
できない場合や問題が発生した場合の為、病院と提携することに
なっています。が、ここのR病院は、最近提携先になったそうで、
私も初めて行きました。

新しい建物で、きれいな病院でした。以前から妊娠検診は行って
いたそうですが、最近引っ越して、分娩設備が整ったそうです。
入院用の個室は20近くあるようでした。

診てくださった先生は、若い男性の先生。
超音波でも赤ちゃんの頭が見られ(ハノイでは下がり過ぎていて写らなかった)、
子宮頸管長も30mmあるので大丈夫だろうとのこと。
本などでも、35mmくらいが普通と書いてあるので、やはり少し短めの
ようですが、先生は25mm以上あればとりあえずOKということでした。
子宮口と赤ちゃんの頭の間に少し隙間があって、まだ骨盤にはまって
しまっているわけではないようです。
たぶん1週間前のハノイでの検診時よりも、持ち直している感じです。
やっぱり、バンコク旅行とか、色々無理を重ねてしまってたんだろうな~


念の為、NST(ノンストレステスト)で張りの頻度も見ました。
普通は臨月に入ってから行う検査のようなので、初めてでした。
ブログなどで、眠くなると書いている方がいたのですが、私も眠く
なってしまいました。モニターを付けたまま30分くらい横になるので(^^;)

NSTの方もOKをもらい、とりあえず自宅で安静にしてくださいとの
結論でした。家事はOKだけど、スポーツ(ウォーキングやヨガ)は
生まれていい時期(37週)までは控えるべきとのこと・・ 
日本に帰ったらたくさんお散歩したいと思っていたので残念です。
助産院では、よく歩くように指導されるんですけどね。
まぁ何事も個人差がありますからね・・仕方ありません。
できる範囲で、筋力・体力は落とさないように気をつけたいと思います。

ところで、このR病院、初診料が高いこともあり、市の補助券を
使っても、自己負担がけっこうありました。日本に帰ってからは
妊娠検診はほとんどお金がかからないと見込んでいたのですけどね。

ハノイでの検診、一時帰国の費用、etc. 海外在住時の妊娠は
お金がかかります。(ハノイに戻った後の予防接種などもありますしね~)
でも、まだ赤ちゃんの肌着も何も買い揃えていない私。
これから買いまくるつもりです。全て必要経費ですもの。
こどもを持つってこういうことですね、プレパパ(夫)、がんばってね☆

***
助産院検診  300円(補助券利用)
病院検診  11850円(同)
[PR]
by chi_aiko | 2011-10-04 21:00 | プレママ
妊娠中期のこと(ハノイ)⑤
(バックデートで投稿させて頂きます)

前回書いた通り、日本から戻った後のハノイ生活では、毎週
尿検査で糖を調べることになってしまいました。

ベトナム語の先生(いつもお昼を出してくれます)は、亡くなった
お母さんが糖尿病だったということで、春雨(Mien)が良いと言って、
Bun Rieu Cuaに代わっていつも春雨を出してくれるようになりました。
でも私としては、果物をおやつに出される方が問題だと思って・・
お土産にもよく果物をくれるのですが、ごめんなさい、冷蔵庫に入れた
まま最終的にごみ箱行きになってしまったものも。
私から、果物は食べないようにしてると言っても、そんなはずはない、
果物は身体に良い、その医者は信用できないから、病院を変えたらどうか、
とまで言われる始末。お姑さんのように世話を焼いてくれる先生が
少々うっとうしく感じられることも・・

話が反れましたが、そんなこんなでがんばって甘いもの・糖質の高いもの
は避けていました。今までたくさん食べていたつもりはなくても、やっぱり
少しずつ摂取していたんですよね。ごはんは玄米、白いパンは食べずに
ドイツのライ麦パンを、料理にも砂糖は使わないようにしました。
時々、すこーし黒糖の入ったパンやマフィンを焼いたりもしていました。

が、がんばっても検査結果は時々OKだったりだめだったり。
これ以上がんばれませーんという気持ちでした。

そして、9月28日に再び定期検診。(この時も糖が出ました)
すると、今度は、赤ちゃんが下がってしまっているとのこと。
先生が、超音波の機械を押し当てて、お腹の下の下の方を
写そうとしても、頭が下にあり過ぎて写りません(><)
内診の結果、子宮頸管は開いてはいないけれど、短くなっている、
これで開いてきてしまったら、大変なことになるから、日本に
帰って出産するつもりなら直ぐにでも帰りなさいとのことでした。
今だったら、飛行機の搭乗許可も書いてあげるから、と。

7日の検診でも、意識的に休むように言われていたのですが、
うーん、マシーンでのウォーキングは止めましたが、あちこち
遊びに行ったり、バスに乗ったり、バンコクに旅行に行ったり、
ちょっと無理をしてしまっていたのかもしれません。

初期にも飲んだブスコパンと、張りを抑えるマグネシウム剤を
処方され、10日分しかないけど、来週には日本で診察して
もらいなさいね、と先生の中では緊急帰国が決定しています。
日本のお医者さんへ、と言って紹介状(現在の状態を書いたもの)
を英語で書いてくれ、産まれたらぜひ赤ちゃんを見せてね、と
見送られました。

急な展開で、ぼーぜんとしつつ、友達との約束があったので
待ち合わせ場所に向かいながら、タクシーの中で、冷蔵庫・
冷凍庫の中身どうしよ~なんてことが頭に浮かんでいました(^^;)

お腹の張りが強くなったりして、入院なんてことになったら、
ハノイで出産するしかなくなります。私には直ぐに日本に帰国する
しか選択の余地はなく、夫とも相談の結果、4日後(日曜日)の
航空券を買いました。

10月末まであると思っていたハノイプレママ生活ですが、予定
より1月程早く帰国することになりました。

***
尿検査1回 13USD
妊娠検診 153USD (薬代を含めて) 
[PR]
by chi_aiko | 2011-09-30 21:30 | プレママ
妊娠中期のこと(ハノイ)④
(バックデートで投稿させて頂きます)

8月24日にハノイに戻りました。日本の暑さとハノイの暑さはちょっと
違いますね。家が一軒屋かマンションかという違いもありますが、
実家で過ごした日本では、暑さがだいぶ堪えました(^^;)

ハノイでは、超音波の先生との都合が合わず、何度かキャンセルされて
しまいましたが、9月6日に超音波、7日にE先生(フランスから帰国)の
検診を受けました。

超音波は前々から夫にお願いしていて、一緒に来てもらいました。
後期は日本に帰ってしまうし、夫が超音波でわが子の姿を見られるのは
これが最後の機会だと思いましたので。
前回、遅刻してきた夫にぶつぶつと文句を言ったので、今回はイベントの
前日に関わらず、私より先にクリニックに着いていました。Merci!


心臓や腎臓などサイズを測りながら詳しく見ていきます。内臓や脳、
手足の指、胎盤の位置など、何も問題はないとのこと♪
顔の表情も少し見ることができました。そして、性別は、やっぱり男の子
でした。ばっちり見えたので、もう否定のしようがありません(笑)

この時点(23週)で、推定体重は619gでした。

翌日(7日)の検診では、お腹が張りやすいこと、子宮頸管が少し短め
だから、積極的に運動をする必要はないと言われました。
ハノイでは、なかなか歩くところがないので、アパートのジムのマシーン
で歩いていたのですが、それも止めようと思いました。
それから、尿検査では、またしても尿に糖が・・
日本での検診でも糖が出たことを伝えると、E医師の顔が曇り、カルテに
父親が糖尿病と書かれているのを見て、さらに困った顔になり、翌日、
糖の血液検査をすることになりました。

E先生からのアドバイスは、糖分は一切断ち、たんぱく質をとること。
(むくみも少しあったので、たんぱく質はむくみ対策だと思います)

翌朝、朝食を食べずにクリニックへ行き、まず空腹時の採血。
その後75gの糖(グルコース)を溶かしたあま~い紅茶をマグカップ
2杯飲み、その1時間後、2時間後と採血しました。

後日結果が出たのですが、空腹時血糖の値は悪くないが、その後の
戻りが悪いとのこと(身体に入った糖が、長い間血液中に出てしまって
いるということです)。糖分を控えることと、毎週尿検査に来ることを
義務付けられました。

つわりが終わってからは、お酒もまた飲みたい気がしていましたが、
もちろん我慢(日本ではたまにノンアルコールビール。暑いですし!)。
加えて、甘いものもダメと言われてしまって、しょぼーん・・
甘いものは食べるのも好きですが、お菓子作りも、ハノイでは日常
生活の一部でしたので、辛かったです(^^;)
でも、赤ちゃんのため、我慢するしかありません。

朝、フルーツジュースを飲み、パンにた~っぷりジャムを塗る夫が
うらめしかったです・・ これでお酒を飲む人だったら、たぶんけんかに
なったと思いますが、夫はお酒を飲まないので、我が家の買い置きの
飲み物は、いつも無糖のソーダです。

長くなったので、やっぱりもう1回分けます。

***
超音波検査 135USD
妊娠検診 99USD
糖の負荷検査 66USD
[PR]
by chi_aiko | 2011-09-30 21:00 | プレママ
  

ベトナム・ハノイでの子育て日記
by chi_aiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30