病名は。
熱は下がったけれど、なんとなく気がかりなべべさん、病院へ行きました。

喉も赤くないし、聴診器を当てても問題ない。
先生まで、歯が生えたからかな、と言っていましたが(!)、
いやいや、そんなの日本じゃ聞きません。
私の方から、「小鳥」がちょっと赤く腫れてる気がするから
見て下さいとお願いし、尿検査をすることに。

濡れたオムツも持参していたのですが(すこ~しだけ、膿のようなものが
付いていた気がしたのです)、採尿が必要とのこと。

でも赤ちゃんってまだトイレでできないですよね。
で、洗浄後、看護婦さんは両面テープの付いた袋のようなものを取り出し、
すぽっと「小鳥」のまわりに取り付けました。
おしっこをしたら、袋の中に溜まります。

で、いっぱいおっぱい飲ませてね!と言われ、べべさんに水分をとらせながら
おしっこが出るのを待つ…こと、小1時間。
抱っこしていたら、温かいものを感じました。まわりにもれなくて良かった(^_^;)
でもそれだけきちっとテープで固定されていたので、
はがすのが痛いみたいで、べべさん、大泣き(>_<)

尿検査の結果、白血球の死骸がたくさん出ている→炎症がどこかにある、
他にも数値に異常があるとのことで、尿路感染症と診断されました。
私の持ってる本に、原因不明の発熱は尿路感染症を疑うべし、と書かれていて、
だからこそ病院に行ったのですが、恐れていた通りの結果でした。
今夜から早速抗生物質を飲んでください、とお薬が出ました。

帰宅して、程なく寝てしまったべべさん、病院で疲れたのでしょう。


**その後

尿路感染症は、大人で言うところの膀胱炎のようなものですが、
幼い子の場合は重症化しやすく、骨膜炎や腎臓病に発展することもあるそう。
そんな知識を本で読みかじっていたので、すごく恐ろしく感じたのですが、
今回のべべさんの場合は、尿を培養したところ、病原性大腸菌が発見
されたと、後日病院から電話をもらいました。
生まれつき尿路に形態異常があったりするケースもあるそうですが、
べべさんの場合、原因は細菌なので、そんなに深刻に考える必要もないみたい。
発熱などの症状がおさまれば、再診や再検査は不要とのことでした。
どこから感染したのか、疑問、不安は残りますが・・
タイでの海水浴?、お風呂?、それとも単にお尻が不潔になってしまっていた?
と考えてみると、どれも疑わしいような・・


病院から帰った日の夜はまた高熱が出ましたが、解熱剤の座薬を入れたら、
すぐに効き、それ以降、抗生物質が効いて炎症がおさまったようで、
熱も出ませんでした。

でも、大人の膀胱炎もそうですが、完全に菌を追い出すことが肝心なので、
薬は1週間飲み続けます。飲むのは嫌がりますが、がんばろうね・・☆

尿路感染症、女の子ベビに多いそうです。原因不明の熱にはお気をつけください。
[PR]
by chi_aiko | 2012-09-29 20:02 | 出産・子育て

ベトナム・ハノイでの子育て日記
by chi_aiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31