妊娠中期のこと(ハノイ)④
(バックデートで投稿させて頂きます)

8月24日にハノイに戻りました。日本の暑さとハノイの暑さはちょっと
違いますね。家が一軒屋かマンションかという違いもありますが、
実家で過ごした日本では、暑さがだいぶ堪えました(^^;)

ハノイでは、超音波の先生との都合が合わず、何度かキャンセルされて
しまいましたが、9月6日に超音波、7日にE先生(フランスから帰国)の
検診を受けました。

超音波は前々から夫にお願いしていて、一緒に来てもらいました。
後期は日本に帰ってしまうし、夫が超音波でわが子の姿を見られるのは
これが最後の機会だと思いましたので。
前回、遅刻してきた夫にぶつぶつと文句を言ったので、今回はイベントの
前日に関わらず、私より先にクリニックに着いていました。Merci!


心臓や腎臓などサイズを測りながら詳しく見ていきます。内臓や脳、
手足の指、胎盤の位置など、何も問題はないとのこと♪
顔の表情も少し見ることができました。そして、性別は、やっぱり男の子
でした。ばっちり見えたので、もう否定のしようがありません(笑)

この時点(23週)で、推定体重は619gでした。

翌日(7日)の検診では、お腹が張りやすいこと、子宮頸管が少し短め
だから、積極的に運動をする必要はないと言われました。
ハノイでは、なかなか歩くところがないので、アパートのジムのマシーン
で歩いていたのですが、それも止めようと思いました。
それから、尿検査では、またしても尿に糖が・・
日本での検診でも糖が出たことを伝えると、E医師の顔が曇り、カルテに
父親が糖尿病と書かれているのを見て、さらに困った顔になり、翌日、
糖の血液検査をすることになりました。

E先生からのアドバイスは、糖分は一切断ち、たんぱく質をとること。
(むくみも少しあったので、たんぱく質はむくみ対策だと思います)

翌朝、朝食を食べずにクリニックへ行き、まず空腹時の採血。
その後75gの糖(グルコース)を溶かしたあま~い紅茶をマグカップ
2杯飲み、その1時間後、2時間後と採血しました。

後日結果が出たのですが、空腹時血糖の値は悪くないが、その後の
戻りが悪いとのこと(身体に入った糖が、長い間血液中に出てしまって
いるということです)。糖分を控えることと、毎週尿検査に来ることを
義務付けられました。

つわりが終わってからは、お酒もまた飲みたい気がしていましたが、
もちろん我慢(日本ではたまにノンアルコールビール。暑いですし!)。
加えて、甘いものもダメと言われてしまって、しょぼーん・・
甘いものは食べるのも好きですが、お菓子作りも、ハノイでは日常
生活の一部でしたので、辛かったです(^^;)
でも、赤ちゃんのため、我慢するしかありません。

朝、フルーツジュースを飲み、パンにた~っぷりジャムを塗る夫が
うらめしかったです・・ これでお酒を飲む人だったら、たぶんけんかに
なったと思いますが、夫はお酒を飲まないので、我が家の買い置きの
飲み物は、いつも無糖のソーダです。

長くなったので、やっぱりもう1回分けます。

***
超音波検査 135USD
妊娠検診 99USD
糖の負荷検査 66USD
[PR]
by chi_aiko | 2011-09-30 21:00 | プレママ

ベトナム・ハノイでの子育て日記
by chi_aiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30