27週@日本
(バックデートで投稿させていただきます)

10月3日に日本に帰国して、翌朝早速、助産院に検診に行きました。
自分がどれだけ気をつけなければいけない身なのか、わからないので、
母に車で連れて行ってもらいました。電車でも3駅なんですけど。

ハノイのクリニックで子宮頸管が短くなっていると指摘されたのですが
(超音波ではなく、内診で)、助産院では、頸管長など計れません。
お腹の上から触診して、まぁ大丈夫そうですけど・・という感じでした。
ハノイのお医者さんが心配していた糖についても、特にコメント無しで、
緊迫感の違いに、私としてはちょっと戸惑ってしまいました。

貧血検査や、まだ受けていない抗体検査などがあったので、
それも含めて、提携の病院に行くようにとのこと。

幸い、当日午後の予約がとれたので、また車で病院まで行きました。

助産院は、できない検査もありますし、分娩時も、自然なお産が
できない場合や問題が発生した場合の為、病院と提携することに
なっています。が、ここのR病院は、最近提携先になったそうで、
私も初めて行きました。

新しい建物で、きれいな病院でした。以前から妊娠検診は行って
いたそうですが、最近引っ越して、分娩設備が整ったそうです。
入院用の個室は20近くあるようでした。

診てくださった先生は、若い男性の先生。
超音波でも赤ちゃんの頭が見られ(ハノイでは下がり過ぎていて写らなかった)、
子宮頸管長も30mmあるので大丈夫だろうとのこと。
本などでも、35mmくらいが普通と書いてあるので、やはり少し短めの
ようですが、先生は25mm以上あればとりあえずOKということでした。
子宮口と赤ちゃんの頭の間に少し隙間があって、まだ骨盤にはまって
しまっているわけではないようです。
たぶん1週間前のハノイでの検診時よりも、持ち直している感じです。
やっぱり、バンコク旅行とか、色々無理を重ねてしまってたんだろうな~


念の為、NST(ノンストレステスト)で張りの頻度も見ました。
普通は臨月に入ってから行う検査のようなので、初めてでした。
ブログなどで、眠くなると書いている方がいたのですが、私も眠く
なってしまいました。モニターを付けたまま30分くらい横になるので(^^;)

NSTの方もOKをもらい、とりあえず自宅で安静にしてくださいとの
結論でした。家事はOKだけど、スポーツ(ウォーキングやヨガ)は
生まれていい時期(37週)までは控えるべきとのこと・・ 
日本に帰ったらたくさんお散歩したいと思っていたので残念です。
助産院では、よく歩くように指導されるんですけどね。
まぁ何事も個人差がありますからね・・仕方ありません。
できる範囲で、筋力・体力は落とさないように気をつけたいと思います。

ところで、このR病院、初診料が高いこともあり、市の補助券を
使っても、自己負担がけっこうありました。日本に帰ってからは
妊娠検診はほとんどお金がかからないと見込んでいたのですけどね。

ハノイでの検診、一時帰国の費用、etc. 海外在住時の妊娠は
お金がかかります。(ハノイに戻った後の予防接種などもありますしね~)
でも、まだ赤ちゃんの肌着も何も買い揃えていない私。
これから買いまくるつもりです。全て必要経費ですもの。
こどもを持つってこういうことですね、プレパパ(夫)、がんばってね☆

***
助産院検診  300円(補助券利用)
病院検診  11850円(同)
[PR]
by chi_aiko | 2011-10-04 21:00 | プレママ

ベトナム・ハノイでの子育て日記
by chi_aiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30