妊娠初期(ハノイ)③病院選び☆
血腫の為に安静に妊娠初期を過ごす一方で、ひとつ考えなければいけないことが
出てきました。どこで出産するかです。

妊娠前には、ハノイで出産・子育てする覚悟で、それはベトナム語学習の動機の
ひとつでもありました。妊娠も出産も新生児期も夫と一緒に経験したいと思った
からです。そもそも、仕事を辞めてハノイについてきたのも、新婚時代や家族を
つくっていく時期を別居婚(単身赴任)ではなく、共有したい(してもらいたい)
と思ったからでした。夫は忙しいので、簡単に日本には帰ってこられないし、
そうすると、出産も新生児期も離ればなれで、父親の実感をもつのが難しいのではと
思いまして・・もともとイクメンタイプではないので、なおのこと(^^;)

でも、血腫のことやつわりで色々不安にもなり(しかも、私がつわりの時ちょうど
夫は仕事が山盛りで、なんの労わりも手伝いも得られなかった・・)、日本での
出産も考えるようになりました。夫も、自分にあまり期待されても・・と、日本の
実家への里帰りをすすめる感じでした。

そんな中、友達が予約をとってくれて、ハノイでは日本人の出産場所として
ほぼ唯一の選択肢である、フレンチホスピタルの見学に行くことになりました。

初めて行ったフレンチホスピタルですが、たぶん、けっこう水準高いです。
日本の産婦人科もあまり行ったことがないので、比べるのは難しいですが、普通に
清潔だし、助産師さんの英語はきれいだし、フランス人の先生の経歴もしっかり
していそうだし・・。もちろん日本語の通訳さんもいらっしゃいます。
でも!!分娩入院は1泊のみ、医学的理由なしに延泊不可というのを聞いて、
絶対に無理と思いました。(帝王切開の方はもちろんもっと長く入院できます)
なんでも、お金持ちのベトナム人達の間でフレンチホスピタルは人気で、入院用の
部屋は常に満杯なんだとか・・
そりゃそうですよね。ローカル病院で産むとベッドが1人1台もなく、廊下で寝たり
すると聞きます。人口が若くて、常に結婚式ラッシュ、ベビーラッシュのベトナム。
お金があったら、この病院で産んで、退院後はお姑さんか実家のお母さんに面倒を
見てもらうんでしょうね。

一方で、私の望む産院の理想は日本の助産院。母乳指導もきちんとしてほしい
ですし、分娩も、薬などに頼らず、時間がかかってもなるべく自然に産みたい。
とにかく、出産翌日から一人で家に帰ってお世話するなんて考えられません。
(例えば夜中3時ごろに生まれたら、1泊入院とカウントされるので、その次の
朝には退院しなくてはいけないんです)

二人目以降の出産で、赤ちゃんのお世話の仕方はわかっている方、あるいは、
日本から家族がサポートに来られるような方なら大丈夫なのかもしれませんが、
私はどちらも当てはまらず、不安だらけになるのは目に見えています。

そして、ようやく日本の病院に目を向けるようになりましたが、私の実家の
ある横浜市は分娩予約が取りにくいことで有名で、秘かにいいなと思っていた
病院も、2ヶ月目の始めくらいに行かないともう予約がとれないとのことでした。

しかし、てっきり里帰りは受け付けないのではと思いこんでいた助産院(姉が
出産したところ)が、里帰り出産もOKと聞き(姉が聞いてくれた)、なーんだ、
じゃあここで!と完全に心を決めました。
助産院は食事指導や体調管理などが大事なので、途中からなんて受け入れて
もらえないのではと思っていたのですが、そんなことないのですね。

安定期に入ったら1年近く帰っていなかった日本に一時帰国し、
まずはその助産院で診察を受けてこようと決めました。
[PR]
by chi_aiko | 2011-09-05 18:50 | プレママ

ベトナム・ハノイでの子育て日記
by chi_aiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30